四神とマインドタイプ

この記事は3分で読めます

こんにちは!

本来の人生を創るための『心の教育』、
マインドタイプ心理学の望月です。

本日は、『四神とマインドタイプ』
というテーマでお送りしていきます。
(^^)/

——————————-
●方角を守護する聖獣
——————————-

中国から伝わった思想の中に、
4つの方角を守護する聖獣の伝説があります。

東の青龍(せいりゅう)、
南の朱雀(すざく)、
西の白虎(びゃっこ)、
北の玄武(げんぶ)

アニメやゲームの題材にもよくでるので
ご存知の方も多いと思います。

四神(ししん)と呼ばれるこの聖獣は、
風水の世界でも用いられているものです。

日本では、京都はまさにこの四神にちなんで
街づくりがされました。

中国では、多くの街がいろんな考えのもと
作られては、滅びを繰り返して、
その英知を蓄えてきました。

その結果、言われたことが、
次のような土地が最高だということ。

東の方向は青龍、
青い竜が長々と横たわっているような
清らかな川の流れているところ。

南は朱雀、
赤い色の雀が野原に群れ遊ぶように、
南が広々と開けているところ。

西は白虎、
年老いた白い虎が悠然と歩くような
広い道のあるところ。

北は玄武、
黒々とした亀の甲をふせたように
小山が連なっているところ

これらが全部揃った土地が理想の土地で、
『四神相応の地』であるとされています。

京都はまさにこの条件の揃った土地でした。

東には、鴨川が流れ、
西は当時メインルートだった亀岡街道が通り、
北は山が連なり、
南は雄大に広がるというまさに理想の土地でした。

僕は、昔パワーストーンも扱っていたので、
この四神をモチーフにしたブレスレットなども
製作していたのですが、

この四神の中央に位置する、隠れた聖獣がいます。

それが、幸運の象徴『黄龍(こうりゅう)』と呼ばれる
黄金の龍です。

龍はエネルギーの流れにも見立てられるものですから、
まさにエネルギー循環を考えた理想を
この四神に見ることができます。

そしてマインドタイプを考えていた時も、
もちろんこの四神のお話は取り入れていました。

当時、黄龍をモチーフにしていたアクセサリーも
作っていたので、

センターと呼んでいる『ど真ん中』を設定するという発想は
ここから生まれてきています。

実はこの風水的な考えが、ネイティブアメリカンの思想とも
とても興味深く繋がっていたりします。
各方角に獣を神として置いていますし、センターもしっかりと表されてます。

ここ話し始めると、もう色々お伝えしたくなっちゃうのですがww
(^^;

この四神をモチーフにした
京都リトリートもやってみたいな~なんて考えていたので、
本日のテーマにしました(^^)/

本日は、
『四神とマインドタイプ』
ということで、お送りしました。

ちなみにですが、4つのタイプとこの聖獣を当てはめることは
今のところしていません。

エネルギー循環という視点で、もう少し研究して
つめて行きたい部分があるので。
それはまたいずれお伝えしようと思ってます。

そして、今お伝えしたいのが、
このエネルギー循環は関係性で起こるということです。

それこそがコミュニケーションの本質です。

↓コミュマスタークラスは、この循環の学びが得られますので
この機会にどうぞ!明日まで先行割引中です。

 

お読みいただきまして
ありがとうございました。

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

【新設!】コミュニケーション心理学マスタークラス

只今、先行予約受付中です!23日まで(43%OFF)

http://mind-type.com/wp/cpmc/

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【無料】マインドタイプ診断!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたも潜在意識のタイプを調べてみませんか?!

心のタイプが分かれば、無理なく本当の自分を発揮していくことができます。

http://mind-type.com/wp/present-top/

自分を閉じ込めて、無理して生きるのはもうやめにしませんか?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 07.04

    思考の重要性

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。