マインドタイプ流4つエネルギーアップの習慣作り

この記事は3分で読めます

こんにちは!

魂から輝くライフワークを生み出す
潜在意識の専門家、
マインドタイプ心理学の望月です。

 

お正月気分が抜け、この3連休で
心の調整を~なんて流れかもしれませんね。(^^)/
本日のテーマは
『マインドタイプ流4つエネルギーアップの習慣作り』
で行きたいと思います。

——————————-
●成幸者の習慣
——————————-

やはり、結果を出していくような勢いがあり、
それでいてなんだか毎日が楽しそうな人は、

まるで違う習慣を持っていると感じます。

その習慣をマインドタイプエネルギーと照らし合わせて
みていきたいと思います。

僕なりに観察してみると、
こんな4つの習慣が浮び上ってきました。(^^)

1、目標設定して終わらせる習慣
2、情報を得る習慣
3、人を思いやる習慣
4、精神の習慣

まずは、勇型エネルギーに関する習慣で、

『目標設定をして、終わらせる習慣』です。

これ、終わらせるってのがかなり重要なポイントです。

達成する習慣は、自分を確実に一歩一歩レベルアップ
させることが出来るので、
とても重要なことです。

そのために必要なのが、目標の設定能力ですね。

なかなか達成できないのもモチベーションが下がりますので、

『ちょっと頑張れば出来る』ぐらいのものを
設定できるかが、ポイントだと思ってます。

とにかく、終わらせられるものを
目標値に設定して、
終わらせられそうもないものは、夢として大切に持っておけばいいじゃないかと。。

次は、考型エネルギーの習慣で、
『情報を得る習慣』です。

読書やセミナーなど知識の幅を広げていたりしますね。

忙しくても、
インプットの時間を確保しているという点が重要です。

僕は『勉強のジレンマ』と呼んでいるのですが、
知識って学ぶほどに、知らない領域が増えていったりします。

“知ってる”を増やすと“知らない”も増えるんですね。

ですから、知らないをまた埋めるために、
日々インプットの時間を持っておくことで、

より論理的でその場に合った適切な思考が可能となります。

3つ目は感型エネルギーに関する習慣で、
『人を思いやる習慣』です。

人のことを気にして、何かしたいと思う『貢献の欲求』は、
人間の本質としてあります。

ですから、それを小さなことでも素直に行動できるかが重要です。

アメリカの経営者は、ボランティアに参加したりホームレスへの炊きだしを
手伝ったりします。これはキリスト教の教えでもありますが、
貢献をダイレクトに実感できる時間というのもまた必要ですね。

そこまで大がかりなことでなくても、
同僚などに、ちょっとした気遣いをしていくというくらいの、
本当にほんの少しの気持ちと行動は、
自分の成長にとっても本当に大切なことだと思います。

最後は、和型エネルギーに関する
『精神の習慣』です。

これは、自分にとって心地良いかを確認していたり、
運気を読んでいくような視点です。

自分の心地よさというのも、たえず変化しています。
それはバイオリズムのような流れが様々な波動となって影響するからです。

様々なバイオリズムには、

自分の体調のバイオリズム、人生の流れのリズム、
個人的人間関係でのリズム、社会全体のリズム

細かくは天気や、季節や、場所の波動も常に影響しています。

その中でも、人生の流れと社会の流れのリズムは
ある種、占星術など占いと言われる統計学を参考にしてみるのも有りだと思いますし、
むしろ経営者とかの方がより活用していたりします。

自分の心地よさの確認の意味でも、
精神的な安息を感じる時間を持つことはとても大切だと思います。

本日は、『マインドタイプ流4つエネルギーアップの習慣作り』
ということで、お送りしました。

・目標設定して終わらせる習慣
・情報を得る習慣
・人を思いやる習慣
・精神の習慣

で、何か採用できそうなものがあれば
取り入れてみて頂けたらと思います(^^)/

それでは、本日もお読みいただきまして、

ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【無料】マインドタイプ診断!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたも潜在意識のタイプをア調べてみませんか?!

心のタイプが分かれば、無理なく本当の自分を発揮していくことができます。

http://mind-type.com/wp/present-top/

自分を閉じ込めて、無理して生きるのはもうやめにしませんか?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 07.19

    心が指す方向

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。