共に心地よい存在になるために?!

この記事は3分で読めます

こんにちは!

本当の自分が開花する潜在意識の心理学、
マインドタイプ心理学の望月です。

先週から、褒めるポイントや、
関係性についてお送りしています。

その中でまたアウトプットをいただきましたので、

そこから、本日は、
『共に心地よい存在になるために?!』
というテーマで、お送りしていきたいと思います。

——————————-
●どこを大切なポイントにする?!
——————————-

まずはOさんから頂いたメールから。

===========ここから===========

返信が滞ってしまいまして、
申し訳ありません!

昨日は自社の店長会議という形の会議に参加しておりまして、
ちょうど
『コミュニケーションとは?
ビジョンの天井が低いのでは?
そもそもこの会社をどう良くして行くことが
自分達にとって目指しているのか?』

という会議の中で、
指導、教育の中で怒る、叱るという話がありました。

自分なりの回答をして来ましたが、

『「親って怒ったって、叱ったって親」

何を怒られてるか?
何を叱られてるか?

よりも重要なのは、「誰に言われてるのか?」

その誰?が自分で、
相手にとってどういう存在なのか?

考えて物事を伝えてはどうか。

教え方、伝え方の前に
相手にとってどういう存在になれているか?

それを客観視してもらい、

まずは自分を知りましょう!
ワクワクすることで成果を出して行きましょう!』

という会議になりました。

日々何かを得ながら生きているという
実感を持ちながら学んでます!

いつもありがとうございますm(_ _)m

===========ここまで===========

Oさん、ありがとうございます。

店長会議で、“自分を知り、相手を知り、伸ばしていく”
その関係性作りを一緒に考えているなんて、
素敵な店長さんが多そうな会社ですね~。

その場のリーダーのあり方によって
その空気感やエネルギー感は随分変わったものになります。

理想としては、自分自身が心地よく
相手にとっても心地の良い関係性が作れていくことですね。

でも実際の現場は、日々いろんなことが起こり
受け取り方も様々です。

マインドタイプ的に言えば、
リーダーシップの取り方も4つのタイプによって異なります。

勇型なら、理想に向かい引っ張っていくタイプ
孝型なら、一丸となって研究課題に邁進していくタイプ
感型なら、楽しく心地よいお祭りの場を作るタイプ
和型なら、一歩引いてみんながより良い場を作るタイプ

このような違いが空気感として出てくるので、
リーダーの場が合う人と合わない人も出てきます。

だからといって、同じタイプばかりだと
4つのエネルギーバランスが悪くなります。

いろんな摩擦や衝突の中から、
よりお互いが心地良く、ライフワークを進められる環境も
作られていくと思います。

また、Mさんからのメールも
ここにおいて重要な視点をいただいています。

===========ここから===========
(中略)

他人との関わり合いって、
絶対的な結び付きは不可能なのかもしれないなって思っています。

絶望ではなく、いかに違いを認めあえるかが、
きっと本当の平和につながると信じたいなと思っています。

===========ここまで===========

絶対的な結びつきということが、
『もう以心伝心、なんでもわかるよ!』
ということだと、

それは究極的には、同一化に向かうことになりますからね。

それは、同じ人間になるということですから
Mさんがおっしゃるように不可能ですよね。

分かり合えない部分が違いとして必ず出てきます。

その違いを認める時、

その違いを尊重して興味を持って相手の話を聞くことができるか、

そしてよりお互いが心地よい関係性を作るために
“お互いが意識を向け合えるか”が、
まずはスタンスとして必要かなって思います。

でもそれって結構エネルギーが掛かるんですよね。
摩擦や衝突を乗り越えることに使うエネルギーは
相当だと感じます。

ですから、本当に大切な人としか
深いコミュニケーションの場を作るのは難しいかなって
思います。

自分にとって愛する大切な人だという意識がないと、

『まーいいや』『もういいや』『勝手にしてくれていいよ』

と投げやりになってしまいますからね。

ここにおいて、Oさんがおっしゃるような

『自分は相手にとってどういう存在か』
『相手は自分にとってどういう存在か』

を確認して、共有しておく必要があるかと思います。

少しづつ大切な人との繋がりができていって、

それが自分にとってみたらほんの数人であっても、

その連鎖が広がっていった時、
世界は平和になるんじゃないかと、僕も祈りを込めたいなと思います。
(^^)

まずは自分の心に目を向けて、
相手との違いにも気づいていくということにおいて、
マインドタイプが一役かえればと思う次第です。

本日は、『共に心地よい存在になるために?!』ということで

自分と、相手の違いに目を向けながら、

お互いが共に理想に向かえるような
取り組み方に関してお送りしました。

ここは本当に奥が深いポイントだと思います。

お読みいただきまして
ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【無料】マインドタイプ診断!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたも潜在意識のタイプをア調べてみませんか?!

心のタイプが分かれば、無理なく本当の自分を発揮していくことができます。

http://mind-type.com/wp/present-top/

自分を閉じ込めて、無理して生きるのはもうやめにしませんか?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 01.20

    志と使命

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。