2種類のお客さん。どっちと付き合う?

この記事は2分で読めます

こんにちは!

潜在意識から人生を創るための『心の教育』
マインドタイプ心理学の望月です。

本日は、
『2種類のお客さん。どっちと付き合う?』
というテーマでお送りしていきたいと思います。

——————————-
●2種類の顧客
——————————-

ライフワークという活動をするなら、
一方的なボランティアではなく、
対価を頂くビジネスにした方が
長い目で見た場合、良い方向に行くと僕は考えています。

単純に、自分にお金が入るほどにやれることが多くなる
ということがありますが、

今回は、そこに集うお客さんについて
見ていきたいと思います。

世の中のお客さんには根本的に
2種類の消費者がいます。

一つは、
自分で自分の人生を切り開き、歩みたいと望む人。

もう一つが、
誰かに人生を切り開いてほしいと望む人です。

マインドタイプ心理学的によく使う言葉で言えば、

前者は、自立し歩む人
後者は、依存でしがみつく人ですね。

自分が活動を作る場合、
どちらの人と付き合っていきたいのかを決めた方がいいでしょう。

もちろん、人の心理はどちらも持っています。

ですから、ある意味でこっちのスタンスによって、
相手は自立にも依存にも変わりもします。

依存状態にどっぷりの人は、
何かあればすぐクレームをつけてくる人ですね。
まーやりにくい。
(^^;

一昔前の、『お客様は神様です』的なものでは、
依存の人を増やすばかりで、
結局、自分が大変になっていきます。

ボランティア(無料)というのも
依存の人を集めやすくなります。

人はやっぱり依存して楽に生きたいという思いが
出てきてしまいますからね。

ですが、依存のままでは、
コミュニケーションはおかしくなり、共に疲弊していきます。

共に歩み、共に成長して行こう!という
自立同士の関係性の方がやはり健全です。

ですから、まずはこちら側で、
どちらの人を相手にするのか、決めておいた方が
僕はその後のライフワークのやりやすさに関わるとおもっています。

発信する言葉や、見せる態度も全然変わってくることでしょう。

そうすることで、ちょっと依存気味で来た人も、
は!っと気づいて、自分から歩みを進めてくれもします。

もちろんマインドタイプ心理学は、
『自分で自分の人生を切り開きたい!』と思っている人と
歩んで行きますよ。
(^^)/

本日は、
『2種類のお客さん。どっちと付き合う?』ということで、

どちらの人と付き合うのかを決めておくことが、
発信するすべてのものに関わってくるということで、
お送りしました。
(^^)

あなたは、
どちらの人と関わっていきたいですか?

本日もお読み下さいまして、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【無料】マインドタイプ診断!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたも潜在意識のタイプを調べてみませんか?!

心のタイプが分かれば、無理なく本当の自分を発揮していくことができます。

http://mind-type.com/wp/present-top/

自分の人生を生きたくなったらまずはココから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 04.10

    お酒と瞑想

  2. 2018 02.01

    神ながらの道

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。