平均より過剰な部分と出会う

この記事は2分で読めます

こんにちは!

潜在意識から人生を創るための『心の教育』
マインドタイプ心理学の望月です。

本日は、『平均より過剰な部分と出会う』
というテーマでお送りしていきます。

——————————-
●変でないと目立たない
——————————-

ここは活動においての集客の部分にもとても関わることですが、
とにかく、平均領域にいるだけでは
目に入らないということになります。

どこか、秀でている部分、突飛な部分、過剰な部分が
必要です。
それがライフワークの鍵にもなります。

自分にとって過剰な部分はどこか?

ここだけはなぜか“のめり込んでしまう”というところ
誰にでもあります。

それは何か特定の分野かもしれないし、
言語化できな部分だったりします。

例えば、うちの副代表のえつこさんの場合は特に面白くて、
『その人の本音』に対してものすごく過剰に反応します。

人は潜在意識で多くの思いを持っていますが、
さらにその奥には『自分はこう思っている、自分はこうしたい』という
信念のようなものがあります。

『純粋な魂の想い』と言える部分ですが、
そこをそのまま出しては行けないのが人間です。

頭で理由を作って、こねくり回し考えている自分がしっかりといて、
その時点では純粋な思いとは随分違った仕上がりになってます。

その表面の自分と奥の自分がスムーズにつながっていれば
エネルギッシュに動けますが、

そうではない時には言葉での表現と表情と行動が
バラバラになっています。

えつ子さんはその不一致感に対して過剰に反応するし、
そこに関心があるんです。

関心というか、もう自動的に反応しているような部分です。

この『過剰に関心を示しているもの』ということが、
えつ子さんのように目に見えない領域であったり、
抽象的なことが非常に多いんです。

むしろ、本質は“内なる想い”の方にあって、
それが表面的な『やること・活動』に結びついた時、
より発揮され能力として開花していきます。

自分が過剰にのめり込むものに出会えていない時は、
まず心の中を整理することが必要かもしれません。

そして、それはおうおうにして
自分では気が付けない領域です。

何せ自分では普通なこととして処理されていますので、
過剰かどうかなんて見分けがつかないんです。

それを見れる客観的な視点があればいいのですが、
それが難しいんですね。

さーそんな感じで、よく見えない自分を知り成長させていきたい時は、
手前味噌ですが、
是非マインドタイプのセッションなどのプログラムを活用くださいね。
(^^)/

特に継続セッションでは、人生において価値ある期間を
お届けできると自負しています。

本日は、『平均より過剰な部分と出会う』
ということで、
自分の突き抜けた特性への気付きについてお送りしました。

ここに気付き、上手に育てられると
凄いことになっていきますよ!
(^^)

そのためには、4ヶ月ぐらい自己投資して
チャレンジしてみてくださいね!
プライスレスな体験をお届けします。

本日もお読み下さいまして、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【無料】マインドタイプ診断!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたも潜在意識のタイプを調べてみませんか?!

心のタイプが分かれば、無理なく本当の自分を発揮していくことができます。

http://mind-type.com/wp/present-top/

自分の人生を生きたくなったらまずはココから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 07.19

    心が指す方向

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。