過去のデータから未来を読む!

この記事は2分で読めます

こんにちは!

潜在意識から人生を創るための『心の教育』
マインドタイプ心理学の望月です。

今、国会の方では統計の問題が
出ていますね。

僕もたまに各省庁が出している
データを見たりしますので、
最初の数字はなるべく正確なものに
して頂きたいと感じました。(^^;

そんなことから、

本日は、
『過去のデータから未来を読む!』
というテーマでお送りします。(^^)/

内容的には、考型エネルギー
高めることに繋がるよう、
お送りしますね。

——————————-
●統計と未来予測
——————————-

統計学となると、複雑な数式を用いたりしますが、

僕達はそこまで専門的ではなくても、

データというものから、客観的に見るという視点
忘れないようにしておきたいですね。

それは、行動の指針にもなるからです。

自分の業界に関わるデータなんかも色々検索して、
そこから未来を予測して動いていくことで、

『確率』が上がります。

この『確率を上げる』ことが出来るのが、
統計からの予測であり、
考型のもつ才能の一つです。

何をやるにしても、

『可能性は0じゃない!』というように
勇型っぽく突っ込んでいったり、

感型が得意な『淡い期待やイメージ』だけでは、
反対にリスクも大きくなります。

考型エネルギーは、論理的に考え、
より良くなるような指摘が的確なのが特徴です。

それが、『確率』を上げていきます。

これは、特に感型さんから見たら、
ドライで面白味が無いように感じるかもしれませんが、
確実に現実化するためには、必要な要素です。

経営学者のピーター・ドラッカーは、

「未来を予測する為には、
既に起こった変化に着目しなければならない」

と言っています。

経営者の必読書でもあるドラッカーも、
『使命のある仕事』ということを
基本に置いていますが、

それを現実化させるためには、
確率の分析の大切さも言っています。

マインドタイプ心理学もまた、
基本的に『やり方』よりも『あり方』を重視しています。

自分の想いが深く明確になるほど、
やり方はこだわらずに色々変化させることが出来ます。

なら、その成功確率は、
やっぱり上がった方が良いですよね。

この確率という考え方をしないで、
『やりたいから、やるんです!』だけで突っ込んでいくのも
まーいいとは思いますが、
(経験して分かることは沢山ありますから)

なるべくギャンブルにはしてほしくないというのが願いです。

とは言っても、ビジネスで当たるかどうかは、
どこまで行っても確率は50%です。

同じものを、違う時期に出すだけで
なぜかそのタイミングで売れたりします。

実際出してみなきゃ分からないのが実際のところですが、

それでも、確率を上げていく視点こそが、
まさにコンサルティングの要素なんですね。

過去のデータを見ながら未来を予測する能力が、
考型の持つコンサルティング力です。

その時には一旦、自分の勝手な期待や思いこみは
なるべくはずして、
データを参照しながら客観的に見ることが必要です。

クール・ドライの考型エネルギーを高めて
未来予測もしながら進んでいきたいですね。
(^^)/

本日は、
『過去のデータから未来を読む!』ということで、
お送りしました。

確率が高いと判断できるものを
『あり方』の想いに乗せて、

やり方を変化させていくことが、
成果に結びつきやすくなります。

そこまで考えてやったことの方が、
後々チェックもしやすいし、PDCAサイクルなどで
ブラッシュアップもしていきやすいですね。
(^^)/

あなたのライフワークも、
確率を高める考型エネルギーを上げて、
その視点で見てみて下さい~。

本日もお読みいただきまして
ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【無料】マインドタイプ診断!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたも潜在意識のタイプを調べてみませんか?!

心のタイプが分かれば、無理なく本当の自分を発揮していくことができます。

http://mind-type.com/wp/present-top/

自分を閉じ込めて、無理して生きるのはもうやめにしませんか?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 05.31

    和の力

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。