人の器とエネルギーの法則

この記事は2分で読めます

こんにちは!

本当の人生に目覚める『心の教育』
マインドタイプ心理学の望月です。

本日は、『人の器とエネルギーの法則』
というテーマでお送りしていきます。

——————————-
●エネルギー量
——————————-

いろんな人をセッションしていると、
『人の器』のようなものをよく感じます。

それは、例えば、
オーラのある人、
ステージの高い人と言われるようなもので、

器が大きくて、そこになみなみとエネルギーが
満たされている人からは、
オーラを感じたり、ステージの高さを感じます。

もちろんそういった人は、
現実的にも何かしらの結果を成しています。

この器とは、その人が扱えるエネルギー量を
表しています。
お金もエネルギーとして見ると、
動かせる金額が大きな人は器が大きい感じです。

もちろん循環が起こる使い方と、浪費は違いますが。

例えば、お金もちの家に生まれて、
月のお小遣いで10万円もらえても、
その子の器が小さいと、あっという間に浪費します。

器に入らない分は、漏れ出す感じです。

でも、器が大きい子なら、
活きるような使い方ができます。
ちゃんとエネルギーを循環させられるような
お金の使い方ができるんですね。

そして、昔は小さかったけど、
色々気付きながら成長するにつれて、
器もまた大きくなっていきます。

このように、人の器には、
『持って生まれた大きさ』と、
『育てて大きくすることができる』という
2つの法則があって
ライフワーク創りの目安にも感じるんです。

ほんとセッションをしていると、
器は大きいのにエネルギーが全然無い人、
器が成長してなくて小さいままの人、
入っているエネルギーがダークエネルギーの人、
器に穴が開いていてエネルギーがどんどん漏れちゃう人など、
いろんなパターンを感じます。

特に、中に入るエネルギーは、
感情と結びついていて、
日々変化していたりします。

この器になるべく良いエネルギーを注ぎ込んで
自分の器が満たされて、
なおかつ良い循環をさせている人は、
心地良いオーラ(雰囲気)を感じます。

自分の器にたっぷりと入っていると、
心が満たされていて余裕が出ますからね。
(^^)/

器を大きくしながら、良いエネルギーもたっぷりと
自分に注いでいきたいですねー。

本日は、『人の器とエネルギーの法則』ということで、
セッションでよく感じる、
その人の持つ器についてお送りしました。

この辺りのエネルギーマネジメントのお話
またしていきたいと思います。

それでは本日も素敵な一日をお過ごしくださいませ~!

“人の欠点が気になったら、自分の器が小さいと思うべきです。
他人の短所が見えなくなったら相当の人物、
長所ばかりが見えてきたら大人物です。”
(実業家・石井久)

本日もお読みいただきまして
ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【無料】マインドタイプ診断!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたも潜在意識のタイプを調べてみませんか?!

心のタイプが分かれば、無理なく本当の自分を発揮していくことができます。

http://mind-type.com/wp/present-top/

自分の人生を生きたくなったらまずはココから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 10.22

    祈りの力!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。