ハーバードが実証した『3:10:60:27の法則』がヤバイ!

この記事は2分で読めます

こんにちは~マインドタイプのもっちこと望月です。

 

さて~本日のテーマは、成功の割合についてなんですが、

あなたは『80:20の法則』というのをご存知でしょうか?

パレートの法則と呼ばれるものです。

o0800053413441736067

利益の80%は全体の20%の人が稼いでいるとか、

2割のお客さんが8割の売り上げを占めるとか、

2割の製品が8割の売り上げを占めるなど、、

この8:2という数字がなんとなく当てはまってきちゃうんです。

 

これを『80:20の法則』というのですが、

 

今回ご紹介したいのは、更に面白い割合『3:10:60:27の法則』です。

これは、ハーバード大学が調査して実証したデータなのですが、人の人生はこのように分かれるそうです。

 

27%の人が、何も知らず、自分からは何もせずに生きている人

60%の人が、知っているけど、行動しない人

10%の人は、知ったことを、出来るようになった成功者

そして3%の人は、無意識に出来てしまう大成功者です。

 

この27%と60%を足した87%の人達がサービスを受ける側の人、

13%の成功者が提供する側の人です。

もっとキツイ言い方をすれば、87%の仕掛けられる側と13%の仕掛ける側に分かれています。

 

これが現実。

 

ハーバード大学の調査によると、ここには明らかにマインドの差がありました。

 

27%の『知らない何もしない』人のマインドは、

人をあてにしたり、運命論者のように、なんとなく過ごすだけ。生活保護をあてにする人も多くいました。

 

60%の『知ってるけど、やらない』人ののマインドは

夢や希望を持っているけど、そこへの道筋をしっかり定めないでいる人。

変化を恐れて今に留まる人たちです。

 

10%の『知ったことを、実践して、出来るようになった』人のマインドは、

3年~5年くらいの未来をしっかり考えられた人たちです。

 

そして3%の『無意識で出来てしまう』成功者たちのマインドは

人生の目標に使命感あって、それに向かって進んでいた人たちです。

 

他にもこの割合をこのように定義している人もいます。

 

27%の人達は、Take & Take(常に人から価値をもらおうとする)

60%の人達は、Take & Give(価値を与えられたら返す)

10%の人達は、Give & Take (人に価値を与え見返りを得る)

3%の人達は、 Give & Give (人に価値を与え続ける)

 

もしくは、、

27%の人 ・・・ 三流の人

60%の人 ・・・ 二流の人

10%の人 ・・・ 一流の人

3%の人 ・・・ 超一流の人

 

あなたは、どの層に属していると思いますか?

そしてこれを知ってどう感じますか?

 

何もしないでいる60%か

何かをする10%になるのかは、本当に紙一重です。

 

是非、一緒に行動していきましょうね~

 

本日もお読みいただきまして

ありがとうございました。

 

PS:
潜在意識のタイプを見て、自分を見つめるのもいいですよ~(^^)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●マインドタイプ診断&通信講座
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一年間の思考錯誤、500名以上の関わり合いの中から、

大きく成長してきました。そして・・・
2016年春『マインドタイプ心理学』が新たにスタートしました。

マインドタイプ心理学 : 潜在意識のタイプ診断はコチラから

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 01.20

    志と使命

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。