【質問】同じタイプの同族嫌悪が苦手な件!?

この記事は3分で読めます

こんにちは~!

潜在意識とライフワークの専門家、
マインドタイプ心理学のもっちこと望月です。

本日は、マインドタイプの同タイプにおける嫌悪感について、、

先日、エボリューションクラス受講中のKさんから、
とても勉強になる質問を頂いたので、

シェアしたいと思います。

=Kさんの質問ここから==

今日も楽しく講座を見させて頂きました(^^)

マインドタイプで“対角の型は苦手”とのことですが、

私は同型の勇型のほうが同族嫌悪で反発心が強くなります。
同型の同族嫌悪について、もう少し詳しく知りたいです。
対角の和型には『周りを気にしてばかりいないで、
もっと自分がやりたいことすればいいのに』と思いますが、
関係は穏やかだと思います。

(和型は私のことを自分勝手!と思っているかも…(^^;))

同型の勇型はもう関係が改善出来ないほどに反発してしまうのです…。

他の型の同族嫌悪はどうなのでしょうか??

======

——————————-
●同タイプの同族嫌悪
——————————-

同じタイプの同族嫌悪感には、

『競争心』が出ている場合と、

『自分の嫌な面を見せてくれている』場合があります。

特に勇型は出やすいですね。

僕は和型ですが、和型の同族嫌悪は、
ビビり過ぎな感じにイラッと来たりしますね(^^;

対角タイプというのは、
『どうしてそういう考えになるのか、意味が分からない』という感じで、

意識していかないと、相手のことが分からないという関係性です。

同族の場合は、実は分かり過ぎていて、イラつくことになります。

マインドタイプ心理学の対角が苦手というのは、

感情的な面ではなく、

その人の人生の態度や考え方として、
自分とは正反対で『分かりづらい』という風に捉えて頂けたらと思います。

——————————-
●ライフワークにおけるパートナーシップ
——————————-

違うタイプの人同士が組むことの方が、

自分では考え付かない視点が入るので、
いいアイデアに結びつきやすいという傾向があります。

一方同タイプでは、
同じような感覚をもっているので、

Kさんのご質問のように、ネガティブ面が強調されて
どちらかがイラつくことが多くなります。

ただ、同じような気質だからこそ、
対角タイプのエネルギーを意識して話し合うことで、

相乗効果を発揮しやすくなると思います。

これは夫婦関係でも、
ビジネス上のパートナー関係でも言えることです。

僕の場合では、うちの奥さんも同じ和型なんですね。

基本的に、のんびりしています(^^;

和型同士のパートナーシップだと、
ソファーに並んで、何となくボケっと本を読んでいるような
感じだけで、案外幸せでよかったりします。

でも、心のどこかに必ず『成長欲求』がありますから、
そればっかりだと、『あなたはのんびりしすぎ!!』みたいになってきます。

必ず、対角の勇型エネルギーを求める場面が出るんですね。

ですから、『どんな人生を歩みたいか』、
『どんな子育てをしたいか』、
『自分は何で、どう成長したいと思っているのか』、

そのために、『何を相手に協力してほしいか』を
定期的に確認していくことをしています。

この辺は同じタイプ、違うタイプであっても、

未来への想いと、相手に望むことを
素直に言い合えて行けるといいと思います。

その時に、タイプの違いから、意見の違いなども出ると思います。

タイプを知らなければ、感情的に陥ってしまうかもしれませんが、

マインドタイプを知っておけば、
『一歩引いてみる』ことが出来てきます。

お母さん方は、子供のタイプを知ることで、
『なんとなく安心して接することが出来るようになった』
声を掛けてくれることがあります。

7歳ぐらいになれば、ベースとなるタイプも定まってきますから、

お近くで小学生のお子さんをお持ちのお母さんがいたら、
是非お伝えしてあげて下さい(^^)/

また、みんなのためになる質問があった際には、
ご紹介していきたいと思います。

Kさん、質問ありがとうございました。(^^)

それでは、本日もお読みいただきまして、

ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【無料】マインドタイプ診断!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたも潜在意識のタイプを調べてみませんか?!

心のタイプが分かれば、無理なく本当の自分を発揮していくことができます。

http://mind-type.com/wp/present-top/

自分を閉じ込めて、無理して生きるのはもうやめにしませんか?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 05.31

    和の力

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。