あなたが進化する時期とは?!

この記事は3分で読めます

こんにちは!

本当の自分が開花する潜在意識の心理学、
マインドタイプ心理学の望月です。

先日は3日かけて、伊勢、名古屋と回ってきたのですが、

そこで出会いお話した人の中でも感じ、

最近の僕自身も感じていた『圧力』について
ちょっとお送りしたいと思います。

本日は、
『あなたが進化する時期とは?!』
というテーマで、お送りしていきたいと思います。

——————————-
●進化の法則
——————————-

エボリューションクラスでも

『エボリューション=進化』ということを
テーマにしています。

僕自身が生物学を専攻していたということもあって
成長と進化に関しては興味が湧く分野です。

ダーウィンからはじまり、
いろいろな人が進化論について述べていますが、
僕の中で、進化する条件として、
次の3ステップがあると考えています。

1、外的圧力がかかる

2、自ら移動する

3、そこで競合がいない成長を遂げる

一応、ここでは人の成長進化ということをメインとして
お話を進めていきます。

まず、外的な圧力とは進化論では『淘汰圧』
呼んだりするものです。

『その場はあなたに合ってませんよ~
このままだと淘汰(排除)されますよ~』
みたいな力が作用するということです。

生物界なら、天敵が現れたり、地形や気象の変化が起こったり、
このままだと絶滅の危機に陥るような力が掛かってくることです。

この圧力が弱すぎると、その場でなんとかバランスをとることで
生き延びることが出来ちゃいますし、

この圧力が強すぎると、早い段階で絶滅しちゃいます。

僕は、潜在意識の奥、魂からの声が聞こえて、
『自分の本音の声』に“いてもたってもいられない状態”が、

この淘汰圧として、
進化の条件に適した圧力の強さだと実感しています。

次に、『自ら移動する』わけですが、
ここは本当に勇気のいる選択です。

移った場がさらに、事態を悪くすることも
当然あるからです。

動物ならそれはカケですが、

ある程度場を選定して移動していくことが
人間の成長進化にはできます。

重要なのは、何となく弾かれて違う場に行ったり
誰かに言われたからやるのではなく、

自らの意思で行動を起こしていくことが重要です。

それが無いと次のステップをこなせなくなります。

その3つめとは、場を変えたところで、
『競合がいない成長をする』という段階です。

なるべく自分が有利な場に移動して、
そこにもともといる人と競争する方が大きく成長しそうですが、

(マーケティングではこのようなリサーチが王道ですが。。)

進化となると、ちょっと別次元だと僕は考えています。

例えば、自分は背が高いからバスケットボールをやっていたけど、
伸び悩み(淘汰圧がかかり)、
場を変えてサッカーをやり始めるということで、
そこで切磋琢磨し、その場で花開くかもしれません。

それはとても素晴らしいことだと本当に思います。

ですが、僕の進化のイメージは、
『ワン&オンリーの特徴』を見いだすことだと描いています。

ですから、バスケからサッカーに移って、
サッカー選手の中で競合していくといよりは、

バスケとサッカーを融合させた
『バスッカー』みたいな競技を自分なりに作っちゃうようなイメージです。
(^^)/

なんか、サッカーゴールがバスケットゴールみたいに
上の方にあって、
背の高い人がヘディングで競り合うみたいなww

ま、思いつきで書いてるんで、適当感が出てますがw

でも、その場を作ったら、
その人はその場においては、競合がいない進化を遂げられたという感じです。

もちろん、象の鼻が突然びよ~んっと伸びた訳でもなく、
何段階かステップ踏んでいくことにはなりますが、

その先にはとてもユニークな特徴を持った自分なりの世界が広がっています。

ま、それもまたいつまでも安住の地ではないので、
変化させたりしながら、

やっぱり地球はダイナミックに動いていくと思うんですよね。
(^^)/

今回の出張は、そんな淘汰の圧力から、
魂から湧き出るような『本音』が聞こえてくるような、、

そんな時期を感じることが
多かったように感じました。

僕自身も、さらに成長進化できるように
ちょっと怖くて出来なかったことにも
チャレンジしていきたいな~と感じた次第です。

本日は、
『あなたが進化する時期とは?!』
ということで、進化についてお送りしました。

お読みいただきまして
ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【無料】マインドタイプ診断!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたも潜在意識のタイプをア調べてみませんか?!

心のタイプが分かれば、無理なく本当の自分を発揮していくことができます。

http://mind-type.com/wp/present-top/

自分を閉じ込めて、無理して生きるのはもうやめにしませんか?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 01.20

    志と使命

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。